登山は熱中症になりやすい?熱中症の予防と対策まとめ

登山の熱中症

こんにちは、ネイチャーミニマリストのぜんです。

最近おかしいぐらい暑いですね…

夏になって気温が上がると、熱中症が心配です。

真夏の登山は暑そうだな…

熱中症になるのが怖い…

こんな風に思いますよね。

特に汗をかきやすく日差しが強い山では、対策をしないとすぐ熱中症になりやすい。

そこで今回は、登山で熱中症になりやすい理由とその対策を紹介します!

夏の登山を楽しむためにも、かならず熱中症対策するようにしましょう!体調が悪くなってからでは遅いですよ!

登山は熱中症になりやすい?

男体山からの景色

 

体内に熱がこもることで起きる熱中症。

体への負担が大きい登山は、特に熱中症になりやすいので注意が必要です。

山は熱中症になりやすい要因がたくさんある

 

  • 大量の汗をかく
  • 地上よりも日差しが強い
  • 樹林帯は蒸し暑い

動いている限り人間の水分は常に失われていきます。体への負荷が大きく長時間行動する登山では汗をかいて呼吸が荒くなるので、なおさら水分が失われます

恐ろしいのは水分が失われているのに気づきにくいことです。いつの間にか目眩がして倒れてしまうなんてことも。

 

また山の開けたところでは日差しが非常に強く、直射日光を浴びやすい。反対に木々で覆われた樹林帯では、風が通りにくいので蒸し暑くなります。

山は熱中症になりやすい要因のオンパレードなのです。

他にも熱中症の要因が…

山の特徴以外にも、熱中症になる要因が登山にはあります。

 

  • トイレに行けないから水分補給をしない
  • 荷物を軽くするため水を少なくする

山にはトイレが少ないので、なるべく尿意がこないように行動中の水分補給を怠りがちです。

また大量の水分を持っていけば荷物が重くなるので、荷物を軽くするために少ない水分で済まそうとしてしまいます。

こうした要因も登山で熱中症になりやすい原因になります。

【登山】熱中症の症状

めまいや立ちくらみがしたら、熱中症のサイン

その後症状が悪化するにつれて、筋肉がけいれんしたり、頭痛と吐き気に悩まされます。

呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない、自分で水分補給できなくなった場合は大変危険な状態です。

めまい・立ちくらみ=初期症状

筋肉のけいれん・頭痛と吐き気

呼びかけに反応しない・まっすぐ歩けない・自分で水分補給できない=危険

山で熱中症になるのが怖いのは、死につながる可能性が高いからです。

 

山で熱中症になったらすぐ病院に行けず、症状が悪化するかもしれません。さらに単独登山の場合は熱中症のあなたを見つけてくれる人がおらず、救助を頼めない恐れがあります。

地上で熱中症になるより、はるかに死のリスクが高いのは明らかです。

そのため熱中症の予防と対策を知るのがとても大切ですね。

【登山】熱中症の予防と対策

水のペットボトル

こまめで十分な水分補給

のどが乾く前に水分補給を心がけましょう。

汗を大量にかく登山では、こまめな水分補給が必須です。

目安としては、登山前に500mlの水分を摂り、2Lの水分をザックに入れておきます。行動中は30分ごとに200mlの水分を補給しましょう。

「飲みすぎじゃない?」と思うくらいがちょうど良い水分量です。

事前に水分を購入できる場所と、道中水場があるかも確認しましょう。

こまめな塩分補給

水分補給だけだと血液中の塩分濃度が低くなるので、かえって熱中症になりやすいです。そのため水分だけでなく塩分の補給も必須

水分と同時に塩分が摂れるスポーツドリンクや、塩分を多く含む飴とタブレットが効果的です。

自分で食塩水を作る場合は、1Lの水に対して1〜2gの塩分量を目安としましょう。

服装に気をつける

熱中症にならないための服装には、3つのポイントがあります。

 

  • 吸汗速乾性が高い服装
  • 通気性の良い服装
  • 直射日光を防ぐ帽子

吸汗性と速乾性が高いと体温調節がしやすくなります。

また登山の服にはベンチレーションと呼ばれる通気口が脇下や太ももに付いている場合があります。ベンチレーションを活用して通気性を良くしましょう。

 

直射日光を防ぐために、帽子も被るとさらに良いです。

山の登り中は服の着脱が多いですが、熱がこもらないように暑いと思ったらすぐ服を脱ぐようにして下さい。ただし休憩中は体を冷やさないように注意!

知っておきたい夏の登山の服装!抑えるポイントは4つだけ!

暑さ指数をチェック

環境省の熱中症予防情報サイトでは暑さ指数を発表しています。

熱中症の警戒度が各地点で色分けされているのでとても分かりやすい。

明後日までの予報を確認できるので、事前に暑さ指数を確認しておくといいですね。

もしも登山で熱中症になったら…

高山病になる男性

それでも熱中症になってしまったら?

症状を悪化させないためにも、素早い対応が肝心です

頭がボーッとし始めて「もしかして熱中症かも?」という段階でも処置します!

まずは塩分が入った水分を1Lほど飲み、日かげで涼しい場所に移動。その後は体を横にしてザックなどに足を載せ、脱水で少なくなった水分を心臓に集めます。

さらに衣服をゆるめて体の熱を放出し、首筋や手足に水をかけて体温を下げます。

 

  1. 塩分を含んだ水分を飲む
  2. 日かげに移動
  3. 体を横にして足を高くする
  4. 衣服をゆるめる・露出している部分を冷やす

処置のあと、30分ほど経って症状が回復したら予定通り行動して大丈夫ですが、それ以上回復に時間がかかるなら下山しましょう。

もし手足が動かせず意識が朦朧としたままだったら、救助を要請したほうが良いです。

【まとめ】夏の登山に熱中症対策は必須

熱中症はどこでも怖いですが、病院にいけない山では特に気をつけたい!

ただ予防対策と対処法を知れば、熱中症のリスクは下がります。

夏の登山を楽しむためにも熱中症対策を意識しておきましょう!

もちろん、日頃の体調管理も忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です