iPhoneだけでも山の写真撮影は楽しめる!キレイに撮る方法は?

こんにちは、ネイチャーミニマリストのぜんです。

「山で写真を取る時、いつも何を持っていきますか?」

「一眼レフ?コンデジ?それともiPhone?」

僕は最近、iPhoneしか持っていきません!

カメラ素人の僕にとっては、iPhoneのカメラでも十分だと悟ったからです(笑)

そこで今回は、

  • 僕がiPhoneで撮った山の写真
  • iPhoneでキレイな写真を撮る方法

を紹介します。

この記事を特に読んで欲しいのはこんな人!

  • 一眼レフは高いし、山に持っていくには重いと思っている人
  • 安価なコンデジの購入を考えている人
  • iPhoneのカメラなんてクソだと思っている人

本格的に写真を撮る気がないひとは、iPhoneのカメラでもキレイな写真が撮れることを知って欲しいです!

だからわざわざ高いカメラを買う必要は無いと思いますよ!

ぜん

特に学生はお金がない…カメラを買うお金があったら山に行った方が良いのでは?

iPhoneでもキレイな山の写真が撮れる!

それでは、今までiPhoneで撮ってきた山の写真を紹介しましょう。

「iPhone6s」「iPhoneX」で撮ってます。

ちなみに、全て無加工の写真です!

ザザーッと見てみて下さい。

惚れ惚れするほどカッコいい山たち!

北穂から見た槍ヶ岳 「iPhone6s」
穂高連峰と槍ヶ岳

上高地から見た穂高連峰 「iPhone6s」
上高地のかっぱ橋からみた穂高

八ヶ岳の赤岳 「iPhone6s」
八ヶ岳の赤岳

大菩薩嶺から富士を望む 「iPhone6s」
大菩薩からの富士山

夕方の開聞岳「iPhone6s」
開聞岳と夕日

男体山からの中禅寺湖 「iPhone6s」
男体山からの中禅寺湖

瑞牆山の山容 「iPhoneX」
瑞牆山

韓国岳からの眺め 「iPhone6s」
韓国岳からの景色

緑豊かで壮大な自然!

美ヶ原高原 「iPhone6s」
美ヶ原高原

乾徳山の新緑 「iPhone6s」
乾徳山の樹林帯

金峰山の稜線 「iPhoneX」
金峰山の稜線

新緑の紅葉 「iPhone6s」
新緑のもみじ

神津島の天上山 「iPhoneX」
神津島の天上山

開聞岳からの海岸線「iPhone6s」
開聞岳からの海岸線
スペインの名前を知らない山 「iPhoneX」
スペインの山

iPhoneでも結構キレイじゃない?

どうですか?

なかなかキレイな写真ですよね!

スマホで見る分には十分なキレイさだと思います。

ではここで問題!

下の2つの写真は「iPhone6s」と、

4万円ぐらいするソニーのコンデジ「サイバーショット RX100」で撮ったものです。

 


穂高連峰


穂高連峰

どちらがiPhoneで撮ったものか分かりますか?

 

正解は……

 

 

の写真です!!

 

えっ、簡単に分かった?

でもでも、違いは少しですよね!!!!

僕はそう思いますよ(笑)

iPhoneで一眼レフに負けない写真を撮る3つの方法

それでは、iPhoneでキレイな山の写真をとるコツを紹介しましょう。

①グリッドを出して水平を意識

しっかり水平に撮ることで、美しい写真を取ることが出来ます。

しかし、一眼レフなどと違ってiPhoneでは水平感覚が分かりづらいです。

そのためには「グリッド」を表示することが大切!

iPhoneの「設定」→「カメラ」→「グリッド」をオンにすればカメラ上に表示されます!

iphoneのグリッド

このように、画面上にマス目が表示されるので、しっかり水平に写真を撮ることができます!

ピントと明るさを調整

まず、ピントを被写体にしっかり合わせましょう!

iphoneカメラ

画面をタップすると黄色い正方形が表示されてピントが合います!

次は、明るさの調整です。

案外使われていない機能かもしれませんが、結構便利です。

画面上のどこでもいいので、タップしたまま指を上にスライドさせると、

iphoneのカメラ

写真が明るくなります!

逆にタップした指を下にスライドさせると、

iphoneのカメラ

写真が暗くなります!

明るすぎたり、暗すぎたりするときに明るさ調整は役立ちますね!

ぜひ活用してみて下さい!

HDRをオンにする

HDRとは「ハイダイナミックレンジ合成」の略です。

露出の異なる写真を3枚連写し、自動的に1つの写真に合成することで美しい写真になります。

そのため、肉眼での見た目に近い写真になるのです!

ただ、データ量が普通の写真より大きくなってしまうので注意!

とはいっても、HDRの写真はめちゃくちゃキレイなので容量がある人は使わないと損ですよ!

iPhoneの「設定」→「カメラ」→「自動HDR」をオンにすると、自動的にHDRで撮影してくれます。

ポートレートモードを使う

「iPhoneX」と「iPhone8 Plus」にはポートレートモードが搭載されています。

ポートレートモードでは、被写体の背景がぼけることで、被写体をより際立たせることができます!

山で使うと、とてもクールな写真になりますよ!

塔ノ岳からの富士山

こんな感じでカッコいい写真が撮れます。

塔ノ岳

背景がぼけて、人物が際立つのが分かりますね!

個人的にはカッコつけたい写真を撮りたい時におすすめです。

適当に横とか後ろを向いてれば、キマリますよ(笑)

【まとめ】iPhoneで山を撮ろう!

美ヶ原高原

僕は、山の写真を撮るためにコンデジも買ったりしましたが、結局iPhoneだけ持っていくようになりました。

iPhoneだと気軽にたくさん撮れるのも便利ですよね!

もちろんプロのカメラマンには敵いませんが、iPhoneの写真も結構頑張っていると思います。

高くて重いカメラが嫌な人は、ぜひiPhoneのカメラを活用してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です