金峰山の魅力を徹底解説!2時間の登山で美しい稜線へ!アクセスや天気は?

こんにちは、ネイチャーミニマリストのぜんです!

今回は、ハイマツ茂る稜線と360度の大パノラマを楽しめる金峰山を紹介します。

車で行ける「大弛峠」から登れば山頂までわずか2時間弱!

道中は原生林が生い茂り、山頂は大展望が広がっています!

  • 巨大で迫力満点の五丈岩
  • アルプスのような美しい稜線
  • 山頂まで2時間弱で到着

これらの魅力を持つ金峰山は、初心者でも簡単に楽しめる山です。

標高2599m
所在地山梨県甲府市/長野県南佐久郡川上市
コースタイム4時間30分
登山適期5月下旬〜11月下旬
難易度★☆☆☆☆
絶景度★★★☆☆
アクセスのしやすさ★★☆☆☆

 

金峰山のおすすめポイント

標高2000m超えの山に簡単に登ってみたい!

ぜん

金峰山の標高は2596m!だけど標高差は少なく、コースタイムも短いから初心者でも気軽に登れるよ!大きい岩や稜線があって面白い!

金峰山のシンボル、五丈岩!

金峰山の五丈岩

金峰山の名物といえば、頂上にある「五丈岩」!

独特な形とその大きさは、遠く離れた甲府盆地からも確認できます。

岩の近くには金櫻神社の本宮があり、古くは金峰山信仰が盛んでした。

金峰山の五丈岩

ちなみにこの五丈岩。

自然にできたものだと思いますか?

それとも、人工的に造られたものだと思いますか?

 

答えは、「分からない」です(笑)

いまだにどうやってできたのか謎に包まれているとのこと!

ロマンがありますねぇ〜。

また、五丈岩は一番上までよじ登ることができます!

正直怖いですけど、チャレンジャー精神がある人は登ってみて下さい。

ぜん

落ちたら確実に死ぬから、自信がない人は下から眺めるだけにしよう!

アルプスのような美しい稜線!

金峰山の稜線

金峰山の山頂手前には、美しい稜線が広がっています。

ここまで来ると森林限界を超えているので、辺りは岩とハイマツだらけ!

高山の雰囲気を味わえますね!

金峰山の稜線

眺めもよく、南アルプスや八ヶ岳を一望できるのでとても気持ちが良いです。

ぜん

どの山でも稜線歩きはテンション上がる!

標高2360mの駐車場?お手軽登山!

金峰山の駐車場

金峰山の登山口である大弛峠(おおだるみとうげ)は、標高2360m!

難しい名前ですね…

ちなみに大弛峠は、マイカーで来れる峠の最高地点!

金峰山の標高が2599mなので、単純に頂上までの標高差は230mほどとなります!

なのでお手軽に高山を楽しめてしまいますね!

これなら初心者の方でも安心です!

ぜん

逆に登山慣れしてるひとは物足りないかも?

気温と適期はいつ?

[visualizer id=”559″] 参考:ヤマケイ
※クリック・タップで詳細が表示されます

登山適期5月下旬~11月下旬
紅葉時期10月上旬~10月下旬
積雪期1月上旬~2月下旬
残雪期

8月でも最高気温は18℃。

夏山の頃がベストシーズンですが、アズマシャクナゲの咲く6月ごろもおすすめです!

10月は展望もよく紅葉もキレイなので、この時期も良いかもしれません!

ただ防寒具はしっかり用意していきましょう!

金峰山のおすすめコース

簡単に登頂できる!大弛峠コース!

距離8km
コースタイム4時間30分
標高差約230m

大弛峠をスタートし、朝日岳を経由して金峰山に至るコースです。

スタート地点の大弛峠で既に標高が高いので、山頂までのコースとしては最も標高差が小さく、簡単に登頂できるルートになっています。

登り始めは針葉樹林帯。朝日岳まで行くと展望が開け、富士山が見えてきます!

山頂付近の稜線は素晴らしく、360度の展望!!

また、大弛峠には40台ほどの無料駐車場がありますが、土日は混雑するので注意が必要です。

瑞牆山荘からスタート!ガッツリ登山、千代の吹上コース!

距離10.3km
コースタイム7時間17分
標高差約1000m

瑞牆山荘からスタートし、富士見平小屋と大日小屋を経由し、千代の吹上を通って山頂を目指すコースです!

距離は長いですが、日帰りでも十分行けます。大弛峠からのコースでは物足りない人におすすめ!

大日小屋までは、広葉樹林と針葉樹林が茂る樹林帯を登ります。

大日岩まで来ると、後方には瑞牆山と八ヶ岳が、前方には金峰山の山頂が見えてきます。

砂払ノ頭を抜けると、断崖絶壁の千代の吹上が!

千代ノ吹上から山頂まではアップダウンが続き、深く切れ落ちた崖のすぐ脇を歩きます。

ただし、崖と言っても登山道の幅は十分あるので滑落する危険はありません。

足元に注意すれば大丈夫だと思います。

千代の吹上コースの魅力はアクセスの良さ!

登山口の瑞牆山荘には100台以上の無料駐車場があり、バスの本数も多いです。

大弛峠よりアクセスは良いですね

また富士見平小屋に泊まれば、一泊二日で金峰山と瑞牆山に登ることもできます!

登山後のおすすめ温泉はここだ!

登山後の醍醐味は何と言っても温泉!

金峰山からアクセスの良い温泉施設を紹介します!

絶景の露天風呂!ぶどうの丘天空の湯

ぶどうの丘天空の湯

出典:http://budounooka.com/relax/

 

ぶどうの丘天空の湯は、露天風呂からの眺めが素晴らしい温泉です!

甲府盆地と南アルプスの大パノラマが広がり、夜には夜景も楽しめます。

天空の湯からの甲府盆地

湯量豊富な温泉(アルカリ単純泉)につかりながら、その雄大さを満喫することができます!

男湯と女湯はそれぞれ120名収容!

広い畳の休憩スペースもあります。

ぜん

個人的には、今までで一番眺めの良い温泉!日の入り時には夕日も美しい!

大弛峠からは車で2時間ほどかかるのですが、勝沼ICに近いので中央道を利用する場合は帰り道にあるので便利ですよ!

【ぶどうの丘天空の湯】
・営業時間
年中無休 8:00〜22:00
・利用料金
大人610円 子供(3歳以上〜小学生)300円 ※お一人様3時間まで
・アクセス
勝沼ICから車で10分
大弛峠から車で2時間

ぶどうの丘天空の湯詳細

【登山ログ】金峰山の雰囲気が1分で分かる!

大弛峠の看板

金曜日の夜中に自宅を出発し、大弛峠の駐車場に付いたのは朝の5時!

既に何台か車がいました。

車内で仮眠をとり、7時半ごろ起きると駐車場はいっぱいになっていて、路駐している人もちらほら。

やはり土日の大弛峠は混み合うので早めに来て正解でした。

大弛峠の標高は2360mだから外気はひんやり。爽やかな朝です。

金峰山の登山道

登山道からしばらくは、原生林の中を登ります。

尾根のようになっていて、傾斜は緩やかです。

なんなら金峰山の登山道を通して、傾斜がきついところはほぼありません!

正直すっごく楽です(笑)

金峰山の登山道

緑の木々に朝日が入り込み、気持ちの良い登山道です。

金峰山の登山道

しばらく歩くと、立ち枯れた木が目立ってきます。

それと同時に展望も開け…

金峰山からの富士山

木々の隙間から、うっすらと富士山が見えました!

金峰山の登山道

立ち枯れた木々は、弱々しいですがなんだか芸術的で僕は好きです!

尾根道をどんどん進んでいくと、樹林帯を抜けて、開けた明るい岩尾根にでます。

金峰山からの富士山

岩尾根からは、富士山だけでなく南アルプスもよく見えます!

6月になると、富士の雪もかなり減っていますね!

この岩尾根までは登山口から1時間もかからなかったと思います。

岩尾根からは15分ほどで、朝日岳に到着!

朝日岳からの金峰山

朝日岳山頂は南面が開けており、ここで初めて金峰山の山頂と五丈岩を捉えることができます。

山頂が見えると、モチベーションも上がってきますよね!

朝日岳を超えると、再び樹林帯に。

金峰山の登山道

軽くアップダウンを繰り返しながら、木々に囲まれた登山道を行きます。

金峰山の苔

苔も日差しを浴びて、キレイな緑に輝いています。

ぜん

山に登ると様々なかわいい苔があって、苔フェチになってしまう。

金峰山のコバイケイソウ

道中コバイケイソウも発見!

葉っぱの形がかわいい!

金峰山の稜線

朝日岳からは1時間弱

再び視界がひらけると、金峰山のハイライトである稜線に到着です!

地面は、白い花崗岩砂に覆われ美しい登山道です。

脇にはツガザクラコケモモなどが群生し、奥秩父では珍しい高山的な景色!

金峰山からの瑞牆山

正面には標高2230mの瑞牆山も見えます!

こうしてみると瑞牆山の岩場が小さく見えますね〜。

金峰山の稜線

稜線は遮るものがなく、本当に気持ちいいですね!

これまでの疲れも吹っ飛びます!

ぜん

運が良ければオコジョにも遭えるらしい!

金峰山の稜線

いつまでも居たくなるような景色ですがひとまず山頂を目指しましょう!

ゴロゴロとした大岩を越えて進んでいくと、「五丈岩」に着きます!

五丈岩

眼の前でみるとすごい迫力です!

岩の下には鳥居などもあり、金峰山信仰の面影が見られます。

確かに信仰したくなる気持ちが分かります…

金峰山五丈岩の裏側

五丈岩の裏側は結構な断崖絶壁!

裏側からは一般の人は絶対登れませんね。

また金峰山の山頂は広いので、登山客がいっぱいいても混み合うことは無いと思います。

この日も多くの登山客がいましたが、30分ほどゆっくりと昼寝ができました。

ぜん

山頂での昼寝は最高に気持ちいい!!!

昼食をとった後は、名残惜しいですが下山開始です。

金峰山の登山道

帰りも同じ道ですが、草木を観察しながら楽しく下山。

無事大弛峠に帰ってきました。

大弛小屋

なお、駐車場から歩いて1分のところに「大弛小屋」があります。

丸太づくりの良い雰囲気です。

小屋で宿泊もできますし、テント泊もできます。

カレーやおでんなどの軽食もあるので、休憩にぜひ立ち寄ってみて下さい!

大弛小屋の詳細

まとめ

金峰山の感想は?

ぜん

原生林、気持ちの良い稜線、五丈岩など魅力が盛りだくさんの山!森林限界に簡単に登れるから初心者の人にも登ってほしいな!

登山口へのアクセス

金峰山の登山口へのアクセス方法を紹介します!

公共機関で

新宿駅から中央線で塩山駅(1時間23分 3800円)
塩山駅から登山バスで大弛峠へ(1時間20分 1800円)

※登山バスは、6月1日〜11月下旬の土・日・祝日に運行。
一日三便、各便定員48名、前日12時までに予約。

>>>『栄和交通バス詳細』

なお塩山駅からタクシーで1時間。約1万2000円

マイカーで

勝沼ICから塩山を抜けて、ここから国道140号で牧丘町窪平へ。
県道210号で琴川ダムを経て峰越林道で大弛峠へ向かう。
勝沼ICから45km

※峰越林道が通れるのは、6月初めから11月下旬ごろです。
事前に確認して下さい。

駐車場情報

大弛峠に無料駐車場があり約40台収容可能。公衆トイレもあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です