スペイン巡礼のQ&Aまとめ|持ちもの・ルート・費用は?

スペインを巡礼したい、そこのあなた!

スペイン巡礼の情報を集めるのって大変ですよね。僕も色々なブログや書籍を、主発前は見まくってました。

ただ色々な情報源を探し回るのは、はっきり言って面倒。

そこで今回は、スペイン巡礼に関する疑問をまとめて、Q&A形式で答えていきます。

実際に体験したから分かる、スペイン巡礼の本当の情報を教えます!

 

▼スペイン巡礼の基本知識▼

初めに抑えておきたい基本的な知識を紹介します。

 

そもそもスペイン巡礼って?

スペインの自然、文化、歴史を謳歌する旅

スペイン巡礼は、カトリックの聖地サンティアゴデコンポステーラを目指して歩く、巡礼の旅です。

1000年以上の歴史があり、巡礼路は世界遺産にも登録されています

 

ぜん

スペインの風景、文化、歴史を感じながら歩けるのがスペイン巡礼

スペイン巡礼の魅力は、下記の記事でさらに詳しく紹介しています。

スペイン巡礼経験者が語るスペイン巡礼の魅力!巡礼の全てを教えます。

 

スペイン巡礼は誰でも歩けるの?

歩けます

スペイン巡礼は誰でも歩けます。宗教は関係ありません。

ぜん

むしろ、無宗教の人も多いので安心してください

 

スペイン巡礼しているのはどんな人?

世界各地から集まる旅好きな人

巡礼者の国籍は、多種多様です。

なので色々な外国人と出会えます。

年齢的には30〜40代が多い印象でしたが、10代〜80代まで老若男女問わず巡礼しています。

ぜん

出会った中での最高齢は、78歳のおじいちゃんでした。

 

 

どんなルートがあるの?

10のルート。メジャーなのはフランス人の道

 

スペイン巡礼の主なルートは10あります。

 

巡礼者の数トップ5は、以下の通り。

  1. フランス人の道(70.5%)
  2. ポルトガルの道(13.2%)
  3. 北の道(5.9%)
  4. 銀の道(4.0%)
  5. プリミティボの道(3.3%)

一番ポピュラーなのが、フランス人の道になります。

フランスのサンジャン・ピエド・ポーから、スペインのサンティアゴまでは800km!

巡礼者のための施設が一番整っていて、他の巡礼者との交流が多いので、まず最初に歩くべき道ですね。

 

スタート地点は?

どこから出発してもOK!

 

スペイン巡礼のスタート地点は、どこでもOKです。

上の図は、それぞれの町からスタートした巡礼者の数を表しています。

フランスのサンジャンと、サンティアゴまで残り約111kmのサリアが多いですね。

スタート地点はは、日程や体力で決めればいいと思います。

スペイン巡礼を歩く日程は?

完歩するなら40日くらいあると安心

 

スペイン人の道800kmを完歩するには、予備日や移動日なども含めると、40日くらいあると安心です。

1日で歩く距離は、20〜25kmほど。

なので実際に歩く期間は、30日ほどになると思います。

また、時間はないけど巡礼証明書が欲しい人は「サリア」の街から歩くのが一般的。

サンティアゴまで111kmの地点にあるサリアからは、4日〜5日で到着できます。

 

巡礼する時期は?

春と秋がベスト

 

真夏はできるだけ避けた方がいいと思います。

スペインの夏はとても暑いです。さらに巡礼者が一番多い時期なので、宿の争奪戦になります。

真冬は雪が降り積もります。なので4月〜5月の春と9月〜11月の秋がベストシーズンでしょう。

ただ巡礼者の多い夏と比べて、春と秋は閉じている宿(アルベルゲ)も多いので事前にチェックしましょう。

ぜん

僕は3月に歩いたけど、長袖で歩くくらいの気温だった。山間部では雪が降ることも!

 

巡礼にかかる費用は?

めっちゃ安い

スペイン巡礼の費用はかなり安いです。

なぜなら、圧倒的に宿泊費が安いから!

巡礼者専用の宿、「アルベルゲ」はタダのところもあるし、かかっても1000円ほどで泊まれます。

ぜん

1ヶ月にかかった費用は全部合わせて20万でした!

特に節約はしてません。

大体の内訳も書いておきます。

飛行機代=80,000円

食費=70,000円

宿泊費=40,000円

雑費=10,000円

飛行機は、カタール航空で行きました。安いしサービスもGood!

宿泊費が安いのはありがたいですね〜。1ヶ月の滞在でも約40,000円かかりませんでした。

1日にかかる費用は、30ユーロ(4000円くらい)でしたね。
自炊とかすればもっと安くなります。

 

クレジットカードは使える?

使えるところもあるが、現金の方がベター

 

結論からいうと、クレカに依存するのは危険です。

田舎の町を通ることが多いので、カードが使えないお店があります。

また、アルベルゲは基本的に現金のみです。

とはいえ、大量の現金を持ち歩くのは不安ですよね。

スペインはATMが普及しているので、キャッシュカードやクレジットカードでその都度引き出すのがいいと思います。

 

英語もスペイン語も話せないけど大丈夫?

大丈夫です。

巡礼で心配になるのは言葉だと思います。

でも大丈夫!英語とスペイン語が話せなくてもなんとかなります。

英語は中学レベルの単語が話せれば通じます。スペイン語は、巡礼中に必要なものを覚えていくと思います。

他の巡礼者と積極的にコミュニケーションを取っていきましょう!

▼巡礼に必要な知識▼

実際に巡礼するときに必要になる、知識を紹介します。

 

巡礼手帳ってなに?

巡礼者の身分証明書

巡礼手帳は、巡礼者にとって最も大事なもの。

巡礼手帳がないと、アルベルゲにも泊まれません。

アルベルゲやバルで、スタンプを押してもらえるので、そのスタンプが歩いた証になります。

なお巡礼手帳は、アルベルゲや観光案内所で購入できます。

日本でも購入できますが、デザインが微妙です。どうせなら現地で買いましょう。

 

巡礼証明書って?

100km以上歩けば貰える証明書

 

巡礼証明書とは、サンティアゴ・デ・コンポステーラで発行してもらえる書類のこと。

ただし、受け取るためには条件があるので注意!

  • サンティアゴまで最後の100km徒歩または馬で完遂
  • サンティアゴまで最後の200km自転車で完遂
注意
サンティアゴから上記の範囲に入ったら、巡礼手帳に1日2個以上のスタンプを押してもらう必要があります。

意外と忘れがちなので注意!アルベルゲやバルで貰えばOKです。

 

スペイン巡礼ではどこに泊まるの?

巡礼者は「アルベルゲ」といわれる宿に泊まります。アルベルゲは巡礼者専用の宿です。

宿泊費は0〜15ユーロ(0〜2000円)。かなり格安です。

0円は寄付制のアルベルゲ。修道院が管理してるアルベルゲなどは0円のところが多いですね。

またアルベルゲには、公営と市営のものがあります。

公営アルベルゲ
やすい0〜5ユーロ、ただし設備は拙い
私営アルベルゲ
公営より高い8〜15ユーロ、比較的綺麗で設備が整っている

ぜん

その日の気分で泊まるアルベルゲを決めるのもアリ!

 

アルベルゲの設備は?

基本的なものは揃っている

 

アルベルゲは二段ベットのドミトリー形式。

シャワーは90%ぐらいのアルベルゲに付いています。ただし水圧は弱い!

またキッチンが付いているところも多く、自炊が可能です。

有料ですが、洗濯機や乾燥機が付いているところもあります。

溜まった洗い物は、洗濯機・乾燥機があるアルベルゲで一気に洗っていました。

 

巡礼中の食事は?

基本はバルなどで外食。スペイン料理は美味い!

 

アルベルゲで提供してくれるところもありますが、食事は基本外食になると思います。

朝は、バルでトーストとカフェオレ。
昼は、巡礼路沿いにあるバルでボカディージョ(スペイン風サンドイッチ)。
夜は、アルベルゲの近くのバルでコース料理って感じでした。

食べに行くのは、全部バルですね。

夜のコース料理は、前菜・メイン・デザート・パン・ボトルワインがついてるものです。ほとんどのバルでこういった食事があります。

ボリュームたっぷりで、価格は1000円ほど。かなり安いです。ボトルも一本付いてますし。

ぜん

なによりスペインの食事は美味い!ハズレの店はなかったですね。

全然日本食が恋しくなりませんでした。

 

巡礼の持ち物は?

持ち物はこちらのサイトが参考になります。

『サンティアゴ巡礼持ち物リスト』

 

現地で調達できるものは?

基本的な生活用品は調達できる

町には薬局が多くあるので、足りなくなったもの、急に必要になったクスリなどは調達可能です。

また、大きい町ではトレッキングポールやシューズなどを売っているお店もあります。

なので生活用品や装備は、現地でも調達できます。不測の事態になっても安心です。

 

1日の生活は?

とある1日を紹介

巡礼者の日々の生活は、規則正しい生活。

ここでは、とある1日の生活を簡単に紹介します。

7時:起床素早く身支度
7時半:出発
8時:朝食町のバルでトーストとカフェオレ
8時半:歩行開始朝食後出発。お昼ごろまで歩く
12時半:お昼休憩通りがかった町のバルでお昼。ボカディージョを食す。
15時:アルベルゲ着25km歩いて到着。
15時半〜:自由時間シャワー・洗濯・仮眠・散歩など
18時:夕食適当なバルに入り夕食
19時:ワインで乾杯巡礼仲間と楽しく飲む
21時:アルベルゲに戻る日記を書いたり、歯磨きしたり
22時:就寝

朝早く起きて、歩いて、美味しい食事とワインを楽しむ。

毎日がこのサイクルで、とても充実した日々を送れます。

日常から解放され、嫌なことを忘れ、思うがままに歩けます。

 

 Wifi環境は?

よほどの理由がなければ心配する必要なし。

異国の地で、ネットにつながらないのは困りますよね。

僕も通信環境については、日本を発つ直前までめちゃくちゃ悩みました。

ポケットWifiを持って行こうか、simを買おうか。

しかし結果的に、Wifiの心配はいりませんでした!

スペインは日本より遥かにwifi環境が整っています。基本的に、バルやアルベルゲにwifiはあります。(ただ、公営のアルベルゲには少ないかも)

 

▼スペイン巡礼お役立ち情報▼

いままで答えてきた以外の、スペイン巡礼に役立つ情報を紹介します。

 

買っておきたい本は?

買っておきたい本は2冊ある!

スペイン巡礼について体系的にまとまってる本は少ないです。

しかしこの本は参考になりました。

『聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版』

created by Rinker
¥2,160 (2018/11/13 18:20:52時点 Amazon調べ-詳細)

各町の情報が詳しく載っているので、持っておけば役に立つと思います。

 

出発前に巡礼の雰囲気をつかみたいなら『カミーノ! 女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅』がおすすめ!

離婚をきっかけに巡礼した著書の巡礼が、面白おかしく描かれているエッセイです。

 

スペイン西の果てフィステーラって?

スペインの西の果て、巡礼の最終地

スペインの最南端にあるフィステーラは、巡礼者にとって本当の終着点です。

サンティアゴから90kmほどの距離にあるので、歩けば3日で行けます。ただほとんど行ける、2時間ほどで行けるバスを利用してましたね。

サンティアゴまできたら、フィステーラまで行くべきだと思います。フィステーラ岬から大西洋を見たときの感動は今でも忘れられません

 

覚えておきたいスペイン語は?

本当に覚えておきたい17の言葉

ここでは本当に覚えておきたい言葉を教えます。マジで何度も使いました。

Hola(オラ)こんにちは
Buen Camino(ブエンカミーノ)よい巡礼を(巡礼者のあいさつ)
Adios(アディオス)さようなら
Vamos(バモス)レッツゴーみたいな意味
Gracias(グラシアス)ありがとう
Por favor(ポルファボール)お願いします
Si(シー)はい
No(ノー)いいえ
Bueno(ブエノ)グッド
Cuanto cuesta?(クアントクエスタ)いくらですか?
La cuenta, por favor(ラクエンタ)会計お願いします。
Cafe con leche(カフェコンレチェ)カフェオレ
Cafe solo(カフェソロ)エスプレッソ
Cerveza(セルベサ)ビール
Vino tinto/blanco(ビノティント/ブランコ)赤ワイン/白ワイン
Bocadillo(ボカディージョ)スペイン風サンドイッチ
Tortilla(トルティージャ)スペイン風オムレツ

どれも1日の一回は使う言葉です。

必要な言葉は、巡礼中にいつのまにか覚えます。

最後にワンポイントアドバイス

スペイン人の巡礼者と仲良くなりましょう。

スペイン人は英語があまり通じません。

なのでスペイン語が話せる人がいると、通訳してくれます。

またアルベルゲの予約を電話でしてくれたり、現地のグルメ情報もゲットできます。

僕も本当にお世話になりました。

評判の良いアルベルゲを予約してくれたり、その街の名物料理を教えてくれたり、巡礼がより楽しくなります!

 


何か質問があったらコメントして下さい!
答えられる範囲であれば、お答えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です